プロペシア通販で自分の身を守る方法

守る

簡単にAGA治療を行えるプロペシア通販。
誰でも簡単に行えるからこそ、守らなければならないルールがあります。

これらのルールはあなたの身を守り、あなたに関わる人たちを守ることにもつながります。
面倒くさいからと適当に個人輸入を行っていては、自分の体も、身の回りの人たちも傷つけてしまうだけでなく、違反にあたる場合もあるのです。

大きな面倒事を避けるためにも、プロペシア通販のルールをきちんと守り、プロペシアを購入するようにしましょう。

プロペシア通販のルール

ルール

医薬品であるプロペシアを個人輸入する時、守らなければならないルールがあります。
これらのルールは厚生労働省によって定められており、守らなければ違反となり商品を没収されたり、場合によっては刑罰に処されたりすることもあります。

海外から“直接”商品が届く

医薬品が海外から“直接”購入者へと届くからこそ代行通販サイトからの購入は認められています。

OKな個人輸入

これが日本の業者を挟むとどうでしょうか。
それは日本の業者から購入したことになるため医薬品の転売にあたり、処方せん薬を医師や薬剤師以外は処方してはいけないという薬事法に違反してしまいます。

NGな個人輸入

商品が海外から“直接”届く代行通販サイトを利用しましょう。

購入は自分の分だけ

代行通販サイトを利用しての購入は、自分の分だけとなっています。
個人輸入とは、「個人が自らの使用のために海外のメーカーや業者から商品を購入すること」とされています。

そのため個人輸入を第3者と一緒に行うことはもちろん、輸入した商品を第3者に譲渡したり販売することは禁止です。
もしそれが偽物だった場合、譲渡・販売した相手の体を傷つけることになりかねません。
また個人輸入したプロペシアの販売(転売)は、処方せん薬の取り扱いは医師や薬剤師以外が行ってはいけないという薬事法に違反してしまいます。場合によっては薬事法違反で刑罰に処されることもあります。

購入できる量は1ヵ月分

代行通販サイトから個人輸入できる量には決まりがあります。

プロペシアのような処方せん薬は、1回の個人輸入で購入できる量は用法用量からみて1ヵ月分以内とされています。
もしこれを守らなければ税関で没収されることもあるので、気をつけるようにしましょう。

ブックマークをしておこう

ブックマーク

本物のプロペシアを購入できた場合、またこのサイトから購入しようと考えます。
しかし再度ネットでサイト名を検索するのも面倒くさいですし、サイト名を忘れてしまったら探しだすのに手間がかかってしまいます。

また場合によっては、URLが1文字違いというだけの瓜二つの偽サイトが作成されている場合もあり、誤ってそこから購入してしまうとプロペシアは届きません。

そういったことを防ぐためにも、プロペシアを購入したサイトはブックマークをしておきましょう。
ブックマークをしておけば確実に同じサイトから再度購入できますし、サイト名を忘れてもブックマークからサイトへ飛ぶことができるため、購入できなくなることはありません。